スペース
TOP>弁護士一問一答

あなたの質問に弁護士がお答えします

依頼者の方々からよく寄せられる質問に弁護士が回答いたします。

遺言・相続

単なる「利害関係」のみならず、そこには「人間関係」や「感情的対立関係」等が色濃く絡み合う種類の紛争・事案であることが非常に多い分野であるため、とりわけ慎重な紛争処理が求められるデリケートな分野でもあります。

遺言・相続についての回答一覧はこちら

 

離婚・夫婦間紛争等

比翼連理(ひよくれんり)のたとえ話のように、末永く円満な婚姻関係が継続することが何より望ましいことは言うまでもないことですが、実生活における様々な状況や事情から、やむなく離婚という苦渋の選択に踏み切らざるを得ない場面も現実として存在します。

離婚・夫婦間紛争等についての回答一覧はこちら

 

借金債務・自己破産

借金や多重債務等に関しては、金融機関等の貸し手と一般消費者との間における情報や法的知識の格差が比較的大きいため、弁護士等の専門家への相談が早ければ早いほど、それだけ問題解決の時期が早まる傾向にあります(病気を自力で治そうとして悪化させてしまうよりも、医者の治療を受けた方が効果的な状況と似ていると思います。)。

借金債務・自己破産についての回答一覧はこちら

 

不動産・建築紛争関係等

他の紛争分野に比較すると、対象となる目的物の経済的価額が大きい傾向にあり、また、単なる金銭のやり取りにとどまらず占有や明渡しなどの物理的解決が必要なケースも少なくないことから、保全や強制執行なども視野に入れながら紛争処理にあたるといった配慮も重要です。

不動産・建築紛争関係等についての回答一覧はこちら

 

契約・消費者問題

契約や契約書作成の際に役立つ法的知識やスキルを身につけておけば、紛争を未然に予防することができます。また、消費者問題の分野では、消費者契約法の活用など様々な消費者トラブルに迅速かつ適切に対処する必要があります。

契約・消費者問題についての回答一覧はこちら

 

債権回収・裁判外業務等

迅速かつ低廉なコストで可能な限り早期の紛争解決を図りたいというのが多くの紛争当事者に共通する目的意識であり、誰しも「できれば裁判等は回避したい・・・」という複雑な気持ちで法律相談を利用されているのではないかと思います。

債権回収・裁判外業務等についての回答一覧はこちら

 

労働問題

解雇や賃金、残業代等、その他職場環境を巡るトラブルなど、労働の現場で発生しうる問題には様々なものがあります。労働審判制度が整備され、労働を巡る紛争解決の手段として積極的に利用されているようです。

労働問題についての回答一覧はこちら

 

ご質問、ご相談はこちらへ

営業時間のご案内

月〜金曜日 9:00〜17:30
夜間相談 随時(要予約)
相続の相談は無料

大分で弁護士をお探しなら

〒870-0033
大分県大分市千代町2−1−4丸ビル3階
大分県弁護士会所属 弁護士 中嶋謙介
          弁護士 山ア章三

このページの先頭へ